makumakuのもくもくブログ

好きな本や日常で気になった小さな話、時々ネコについて書く気まぐれブログ。

首が痛いので整形外科に行った話

もう治ったのですが、6月の終わりに痛みで首が回らなくなり病院に行きました。


寝違えた痛みに近かったですが、痛くなったのはその日のお勤めが終わる夕方、じわじわとやってきました。
片側ではなく両側。
そして、連動するかのように腰まで痛くなってきました。

 

6月に入ってからは、日中、エアコンの効いた部屋でほとんど同じ姿勢で作業する事が多く、おそらくそのせいもあって首コリが限界にきたのかなと自分では思いました。
しかしまあ、首を左右に振ろうとすると激痛が走りほとんど動かせないもので、車の運転はほんと危なかったです。

数日経っても良くならなかったので、整形外科に行きました。
湿布でも処方してもらえるかな?と軽い気持ちで行ったら、レントゲンとMRIを撮ることに。
MRIです。何か大事になってきたぞ。

 

しばらくして結果が出たので診察室に呼ばれました。
先生の第一声
「昔、首に強い衝撃とか受けたことある?」

「???…たぶんないです」
先生
「脛椎の一つに骨折して治った痕があるね」

「えっ…!」

骨折といってもヒビだそうですが、上から三つ目の骨にその痕跡が見つかりました。
今回の首の痛みは筋肉疲労や姿勢が原因でもあるとのことですが、軽度の脛椎椎間板ヘルニアも起こしてるとのことでした。

 

思わぬ事実が判明。
これまでも首の凝りがひどくなることは度々ありましたが、ヘルニアがあったとは思いもしませんでした。
今まで平気だったし、いまいちピンと来ません。

 

それより骨にヒビが入ったのっていつよ?
正直ヘルニアよりそっちの方が気になって私が過去を回想していると、
「まあ引っ張ったら治るで」
先生から軽~い一言。


…引っ張る?
どうするのかと思ったら、看護師さんに連れていかれたのはリハビリテーション科。
椅子に座り、頭とアゴを固定する専用の器具を取り付けて、負荷をかけて首を伸ばすというものでした。
治療なのは分かっていますが、端から見るとたぶんけっこうシュールな光景です。
ついでに腰を引っ張るやつもやりました。


来月の再診日まで、来られるときに来て何度かリハビリを受けるように言われ、その日は帰宅。
確かに一回の施術で首はかなり楽になっていました。
そんなわけで数回リハビリを受け、首の痛みは引いたのですが、やはり気になるのは骨のヒビの件。
もう治っているとはいえ、首ってちょっとビビりません?
あり得そうなことを思い返してみましたが、

1.
高校生の時、自転車で帰宅中、路地から出た所で車(低速)と接触。派手に倒れて後頭部を地面に打った。

2.
20代半ば頃、整体に行って骨格矯正。顔の辺りやるときに整体師さんが「あんまり強くやると折れるんだよね~首とか」さりげなく恐ろしいことを言ってた。
確かにあれ、かなり痛かったんだよね。
プロを疑いたくありませんがもしかしたら…。

3.
ヨガの補助や筋肉の凝りをほぐすのに使うアイテム、フォームローラー。
ヨガはしませんが肩や首のコリをほぐしたくて数年前に購入。
それで首の後ろとかけっこうゴリゴリやってました。

 

もしかしたら骨やってそうな出来事、経験といえばこんなくらいです。
ほんと何の拍子にヒビ入ったんだろ。
検査すると意外な事が明らかになるものですね。
皆様もお身体に気を付けて。